ホンダ NバンとNボックス

NボックスとNバンで迷っている方が結構いらっしゃいます。

というのも、N-BOXは乗用車というジャンルでN-VANは商用車ジャンルで元々のジャンルが違います。

乗用車部門ではN-BOXが月販売台数が約2万台前後で、N-VANだと月販売台数が約5千台と売れまくっています。

N-VANの方がNボックスよりも荷物が多く載るということでN-VANに決めたユーザーさんも多いのですが、よって、商用車は肝心な乗り心地があまり良くないというイメージがありますよね。

商用車を普段の足に使ってもまったく問題はないのか?という疑問があります。

実際にこれまでに発売された商用車に乗ってみるとたしかに商用車は乗り心地がそれほど良くないというのが事実です。

しかし、ホンダのN-VANはこれまでの商用車と比較するとちょっと違うようですね。

そこで、実際にホンダカーズのショップ店員にそこらへんのことを詳しく聞いてみると・・・

N-BOXとN-VANの乗り心地はほぼ同じだそうです。

というのも、N-BOXとN-VANのシャシーと足回りはまったく同じ造りだということなんですね。

ただ、車載のドライバーズシートの質はN-BOXの方が高品質なので差が出ると言ったら正直なところココですね。

しかし、だからと言ってNボックスとNバンが全く同じというわけでもありません。

N-VANに使用されている遮音材はN-BOXよりもチープなのでN-VANの車内でのエンジン音、風切り音などはN-BOXの方が確実に静かに感じて乗用としてのるなら有利です。

そこらへんの細かい造りに関しては乗用車であるN-BOXの方に分があるということですね。

また、商売用のクルマということで新車の値引きに関してはNバンの方が厳しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です