スバルの業績が急落しています

好調だったスバルの業績が落ちています。

新車検査の不正がきっかけになったわけですが、それだけではなくリコールも次々に噴出してスバル全体のブランドイメージが悪化して販売台数が落ちています。

特に販売台数が落ちているのは北米向けのクルマですね。

スバルのクルマは北米向けへの輸出が約6割を占めているだけに痛いすぎるポイントです。

国内に限ってみればインプレッサスポーツの販売不振が響いています。

また、営業利益も12%台と国産メーカーの中でもぶっちぎりのトップを快走してきましたが、不正とリコールが起きてからなんと3%台まで急落してしまっています。

個人的にもスバルのクルマが好きで乗ってきました。

いわゆる生粋のスバリストです。

それは、車両本体価格の割に性能が良いクルマ、つまり、トヨタやホンダ、日産よりも安くて良いクルマに乗れるということからです。

ただ、一ユーザーからとしての意見を言わせていただくと、スバルの経営陣は調子に乗りすぎていた感がぬぐえないです。

あまりにも豪華な新本社ビルを新設したり、こんなことにお金をかけるよりも検査の機械を買う方が先だろ!と思ってしまいますね。

そこでスバルディーラーへ行ってみると、営業マンは平謝りの状態だったのですが、肝心の新車の値引きは業績が落ちているのでかなり引き締まっているとのこと。

業績が良かったときよりも厳しい状態のようですね。 インプレッサ 値引き

ホンダ NバンとNボックス

NボックスとNバンで迷っている方が結構いらっしゃいます。

というのも、N-BOXは乗用車というジャンルでN-VANは商用車ジャンルで元々のジャンルが違います。

乗用車部門ではN-BOXが月販売台数が約2万台前後で、N-VANだと月販売台数が約5千台と売れまくっています。

N-VANの方がNボックスよりも荷物が多く載るということでN-VANに決めたユーザーさんも多いのですが、よって、商用車は肝心な乗り心地があまり良くないというイメージがありますよね。

商用車を普段の足に使ってもまったく問題はないのか?という疑問があります。

実際にこれまでに発売された商用車に乗ってみるとたしかに商用車は乗り心地がそれほど良くないというのが事実です。

しかし、ホンダのN-VANはこれまでの商用車と比較するとちょっと違うようですね。

そこで、実際にホンダカーズのショップ店員にそこらへんのことを詳しく聞いてみると・・・

N-BOXとN-VANの乗り心地はほぼ同じだそうです。

というのも、N-BOXとN-VANのシャシーと足回りはまったく同じ造りだということなんですね。

ただ、車載のドライバーズシートの質はN-BOXの方が高品質なので差が出ると言ったら正直なところココですね。

しかし、だからと言ってNボックスとNバンが全く同じというわけでもありません。

N-VANに使用されている遮音材はN-BOXよりもチープなのでN-VANの車内でのエンジン音、風切り音などはN-BOXの方が確実に静かに感じて乗用としてのるなら有利です。

そこらへんの細かい造りに関しては乗用車であるN-BOXの方に分があるということですね。

また、商売用のクルマということで新車の値引きに関してはNバンの方が厳しいですね。