スバルの業績が急落しています

好調だったスバルの業績が落ちています。

新車検査の不正がきっかけになったわけですが、それだけではなくリコールも次々に噴出してスバル全体のブランドイメージが悪化して販売台数が落ちています。

特に販売台数が落ちているのは北米向けのクルマですね。

スバルのクルマは北米向けへの輸出が約6割を占めているだけに痛いすぎるポイントです。

国内に限ってみればインプレッサスポーツの販売不振が響いています。

また、営業利益も12%台と国産メーカーの中でもぶっちぎりのトップを快走してきましたが、不正とリコールが起きてからなんと3%台まで急落してしまっています。

個人的にもスバルのクルマが好きで乗ってきました。

いわゆる生粋のスバリストです。

それは、車両本体価格の割に性能が良いクルマ、つまり、トヨタやホンダ、日産よりも安くて良いクルマに乗れるということからです。

ただ、一ユーザーからとしての意見を言わせていただくと、スバルの経営陣は調子に乗りすぎていた感がぬぐえないです。

あまりにも豪華な新本社ビルを新設したり、こんなことにお金をかけるよりも検査の機械を買う方が先だろ!と思ってしまいますね。

そこでスバルディーラーへ行ってみると、営業マンは平謝りの状態だったのですが、肝心の新車の値引きは業績が落ちているのでかなり引き締まっているとのこと。

業績が良かったときよりも厳しい状態のようですね。 インプレッサ 値引き

ホンダ NバンとNボックス

NボックスとNバンで迷っている方が結構いらっしゃいます。

というのも、N-BOXは乗用車というジャンルでN-VANは商用車ジャンルで元々のジャンルが違います。

乗用車部門ではN-BOXが月販売台数が約2万台前後で、N-VANだと月販売台数が約5千台と売れまくっています。

N-VANの方がNボックスよりも荷物が多く載るということでN-VANに決めたユーザーさんも多いのですが、よって、商用車は肝心な乗り心地があまり良くないというイメージがありますよね。

商用車を普段の足に使ってもまったく問題はないのか?という疑問があります。

実際にこれまでに発売された商用車に乗ってみるとたしかに商用車は乗り心地がそれほど良くないというのが事実です。

しかし、ホンダのN-VANはこれまでの商用車と比較するとちょっと違うようですね。

そこで、実際にホンダカーズのショップ店員にそこらへんのことを詳しく聞いてみると・・・

N-BOXとN-VANの乗り心地はほぼ同じだそうです。

というのも、N-BOXとN-VANのシャシーと足回りはまったく同じ造りだということなんですね。

ただ、車載のドライバーズシートの質はN-BOXの方が高品質なので差が出ると言ったら正直なところココですね。

しかし、だからと言ってNボックスとNバンが全く同じというわけでもありません。

N-VANに使用されている遮音材はN-BOXよりもチープなのでN-VANの車内でのエンジン音、風切り音などはN-BOXの方が確実に静かに感じて乗用としてのるなら有利です。

そこらへんの細かい造りに関しては乗用車であるN-BOXの方に分があるということですね。

また、商売用のクルマということで新車の値引きに関してはNバンの方が厳しいですね。

ホンダヴェゼル NAVI

SUVが人気を高めた理由は、外観のカッコよさと実用性を巧みに調和させていることになります。

18インチのタイヤを備えた背の高いボディは存在感があってカッコ良い。

その一方でボディの上半分はワゴンや5ドアハッチバックと同様の形状だKら居住性も優れています。

ボディの後ブにはリアゲートが装着されて荷物んも出し入れもやりやすい。

このSUVの特徴をコンパクトなボディで実現させたのがヴェゼルです。

全長を4300mmに抑えたボディは全幅が1700mmを超えてワイドになるもののSUVの中では

取り回し性が優れています。

全高は1600mmを少し上回るから存在感があって立派に見えます。

そして、プラットフォームはフィットと同様の形状になるため、燃料タンクが前席の下に搭載されて後席のスペースを広げた。

大人4名が快適に乗車出来て荷物も積みやすいです。

さらに、後席を床面へ落とし込むようにコンパクトに畳めば、ボックス状の空間になるから子供用の自転車などを積めます。

運転のしやすさとスポーティ感覚を備えたSUVに、ミニバン的な実用性も加えてヴェゼルは人気を高めました。

エンジンも好調に売れている秘訣があります。

直列4気筒の1.5Lエンジンは直噴式の採用で動力性能が優れて、ガソリン仕様に加えてハイブリッドも用意しています。

特にハイブリッドは低燃費と併せて加速性能を重視されて運転感覚は1.8L級です。

このようにヴェゼルは売れ筋のSUVでなおかつ多くのユーザーが魅力を感じる機能を多く備えています。

価格も手ごろなので、若年層を含む幅広いユーザーに適していると思います。

ヴェゼルはSUVの中ではコンパクトな方ですが、前後席ともに居住性が優れており、4人が快適に乗車できます。

だだし、燃料タンクを前席の下に搭載しているので、後席したから、

後席に座った乗員のツマ先が少し持ち上がります。

窮屈には感じないと思いますが、長身の同乗者がいる場合は確認しておきたいところ。

SUVでは床が低めで乗降性がいいことも特徴です。

着座位置も適度だから乗り降りするときには腰の移動量を抑えられる。

荷室の使い勝手も特徴で後席の座面を持ち上げることが可能です。

このときの操作性も面倒ではありませんが、確認しておくと安心ですね。

注意したいのは、斜め後方の視界です。

ボディ後端のピラーが太めなこともあって視界が遮られやすい。

縦列駐車や車庫入れを試しておく安心です。

運転感覚としては、動力性能や走行安定性は優れた部類に入りますが、

乗り心地は改善を受けた今でも少し硬く感じることがあります。

舗装が荒れたところを伝えないかを確かめたい。

ガソリンエンジン搭載車じゃ登坂路でエンジンノイズもチェックしておく。

ハイブリッド仕様の燃費数値はガソリン仕様の122%です。

150%を超えるハイブリッド車も多いので、ヴェゼルのハイブリッドでは

燃料代を節約するメリットはあまり期待できません。

その代わりに直噴式の採用もあって動力性能は高い。

この運転感覚をどのように見るかによってハイブリッドの選び方も変わります。

ヴェゼルのハイブリッドはエンジンノイズも静かだから試乗したうえで総合的に判断したいところです。

また、ホンダカーズでは決算期などにディーラーオプションの値引きサービスを行ったり、

残価設定ローンに2.9%などの低金利を実施することがあります。

これらの情報も把握しておきたい。

ホンダ ヴェゼル 値引き

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !